サイトメニュー

実感度を高めるための工夫

注射

継続的な施術で美の安定を

非常に高度な技術を要するボトックス施術は、信頼できる美容整形で受けましょう。筋肉を緩める作用のある施術となり、未熟な医師が施術をすると皮膚が突っ張ってしまう可能性があります。表情をうまく作られなくなる、自然な笑顔になれないなどの失敗も考えられるので、実績あるクリニックで施術を受けてください。ボトックスは気軽にできるプチ整形として人気ですが、施術には健康保険は使用できません。自費診療という形式のため全額自己負担になる点は注意が必要です。自費診療はクリニック側が自由に料金設定をできるため、どこで施術を受けるかによって料金は大きく変わります。顔のシワ取りのボトックス施術を例にしても、安いところだと2万円台からありますが、高いところだと10万円を超えるところもあります。ボトックス効果は1回目の施術から実感できますが、効果を安定させるためには何度か受ける必要があります。脂肪吸引や脂肪溶解注射・エラ骨切除などの方法は永久的に効果が継続しますが、ボトックスに関しては3〜6ヶ月くらいで消失するものです。ただ施術回数が増えるほど効果は安定・継続してくるので、複数回の施術プランをおすすめします。施術後は皮膚に負担を与えないようにする必要があり、無理な運動は避けてください。痛み・腫れなどの副作用は次第に引いていきますが、皮膚に無理をかけると長引いてしまうことがあります。洗顔や入浴などは原則として当日から可能ですので、日常生活に大きな支障が発生することはありません。周囲の人たちにバレることなく施術できるのも魅力でしょう。メスを使用しないボトックス注射は効果が永久的に続くものではありません。持続期間は概ね3〜6ヶ月となっており、個人差が大きい部分と言えるでしょう。ただ施術回数に比例して効果の持続期間が長くなることが多いので、地道に施術を受けるのがコツです。回数を重ねることで持続期間が6〜12ヶ月というように延びていき、最終的にある程度の効果を維持したまま定着することがあります。プチ整形のため永続的ではありませんが、施術のサイクルは遅らせることが可能です。美容注射は何度か施術を受けることで安定するため、最初から4〜5回以上のプランを計画しておくのがよいでしょう。ボトックスで失敗しないためには、腕のよいクリニック探しが大切になります。医師の技術力が効果に反映されるため、ボトックス認定医のいるクリニックで施術を受けるのがおすすめです。ボトックスによる美肌効果を維持するには普段のスキンケアも欠かせません。美容整形を受けてから大丈夫と考えてスキンケアが不十分になると、持続期間が短くなるので注意です。スキンケアは美肌を維持する秘訣で、若いころから正しいケアを行っておけばシワを予防できます。顔のシワは30代から目立ち始める方が多いので、20代から適切なケアを行っておくのが得策です。シワを除去してもスキンケアが不十分だと再発しますので、自宅では肌に十分なうるおいを与えるケアを徹底してください。その上で定期的にボトックス注射を利用することで美を長持ちさせられます。ツヤツヤの肌は年齢よりマイナス10歳は若いイメージを与えることができます。